難しい発音を相手に通じやすくするためのコツ

中国語初級から中級者のための
スカイプ中国語オンライン教室の漢語学習班メルマガ 第120号

メルマガ筆者

こんにちは、漢語学習班の橋本です。

中国語は日本語に無い発音があるので難しく感じる人が多くいます。

たしかにすべての発音を完璧にするのは容易ではないですが、
そこそこ通じる発音にするのは難しくありません。

今回はそのコツをご紹介します。


  今日のメルマガ内容

■ 5パターンで覚える単語 「持つ」

■ 漢学流中文勉強法 「難しい発音はまずは片方を完璧にしよう」


おもしろくて勉強になる中国語メルマガが週2回届きます

  •   漢語学習班メルマガの登録
姓 名  
メールアドレス *

*は必須入力です

1111人以上の読者が漢学メルマガを楽しみにいます。読者限定でリスニングテストを公開中。そのほかにも随時お得なお知らせを配信しています。
中国語の勉強に役立つメルマガを、あなたも今すぐ無料でご購読ください。

※ 簡体字・ピンイン含むフォントで配信しています。パソコンのメールアドレスでご登録ください。
# 2017/3/15現在の人数 

バックナンバーサイトの変更のお知らせ

漢学メルマガ用のサイトが、下記ページに変わりました。今後、どんどん記事をアップしていきますのでぜひご覧ください。
 >漢学メルマガ_中国語初級から中級者向けの無料メールマガジン


■■ 5パターンで覚える単語「持つ」

今回は手で「持つ」に関する表現をまとめて覚えましょう。

どのように持つかで、使う動詞が異なります。


1. 杯子。 ná bēizi
(コップを持つ
※ 拿…(手で)つかむ、持つ

2. 方向盘。 wò fāngxiàngpán
(ハンドルを握る
※ 握…にぎる、つかむ、持つ

3. 我随时手机。 wǒ suíshí dài shǒujī
(わたしはいつでも携帯電話を持っている
※ 帯…持つ、携帯する、身につける

4. 他行李。 tā bào xíngli
(彼は荷物を抱えている
※ 抱…(両手で)抱える、持つ、抱きかかえる

5. 机会。 zhuā jīhuì
(チャンスをつかむ
※ 抓…(捕らえるように)つかむ、握る


他にも、肩より高く持ち上げる時は「挙 jǔ」をつかいますし、
ぶら下げて持つ時は「提 tí」をつかいます。

「持つ」ひとつでもいろいろな動詞を使うので、
まずは今回の5つのフレーズを覚えて
少しずつ表現を増やしていきましょう。


■■ 漢学流中文勉強法「難しい発音はまずは片方を完璧にしよう」

中国語には日本語にはない音がたくさんあります。

あなたにとって難しい発音もきっとあると思います。

難しい発音を相手に通じやすくするためのコツを紹介します。


■ どちらかの音をまずは極める

例えば、「qi」と「chi」の音が上手に発音できない場合、
まずはどちらか一方をきれいに発音するように練習します。

もちろん両方の音が上手に発音できればベストですが、
中国語を始めたばかりの時はそれはなかなか難しいかもしれません。


片方の音だけでも完璧なら、もう片方の音が多少怪しくても
相手は推測することができるので、スムーズに会話できます。

あなたの発音の「chi」は下手でも「qi」の発音が完璧なら、
相手は聞いて「qiじゃないなら、たぶんchiと
発音しているのだろう」と理解してくれます。


他にも「fu」と「hu」、
「xu」と「shu」、
「bang」と「ban」など、
難しい発音はどちらか片方だけに特化して練習しましょう。

わたしたちにとって中国語は外国語です。

上手に発音できなくて当たり前なので、
遠慮なく母語を使っている相手に推測させましょう。


ではピンインではなく、四声の発音がうまくいかない場合は
どうすればいいでしょうか。


■ ベースとなる単語・発音を覚える

人によって苦手な声調は違います。

二声が苦手な人もいれば、
三声が難しいと感じる人もいますし、
軽声がうまくできない人もいます。


ある声調やある発音のパターンが苦手な場合は、
まずは絶対に間違えない自信のある単語を
一つだけ覚えましょう。

たとえば、三声+二声のパターンがいつも間違ってしまう時は、
絶対にいつでも間違えない発音(死亡 si3 wang2、や法国 fa3 guo2)
などを頭に叩き込んでおきます。

そして迷った時には、自信のある単語をハミング
もしくは頭の中で発音してから、読んでみます。


中国語の二音節の声調のパターンは軽声を含めても、
たった20パターンしかありません。

20単語くらいならひたすら練習すれば、きっと覚えられます。

それをベースにして他の単語を発音してみればいいのです。


習字の練習のときお手本を見ながら書き写したように、
最初はベースとなる音とどのように発音すればよいか迷った音を
比べればだんだん上手に発音できるようになります。

わたしもやっていた方法ですので、ぜひ使ってみてください。


それでも中国語の発音を修正するのに一番良い方法は
誰かに聞いてもらう事です。

ぜひあなたもわたしたちの無料のスカイプ中国語レッスンを
一度試してみてください。


 今、中国語を勉強するメリット

  • ビジネスで役立ちます
  • 日本に観光などで来る中国人にビジネスする機会があるかもしれません。
    取引や出張で中国へ行く方も増えています。
    海外に行くか行かないかに関わらず、中国語と接する機会はたくさんあります。

  • 旅行の楽しみが増えます
  • 中国語が話せれば、現地の生活をもっと肌で感じることができます。
    ローカルな料理を食べてみたり、値段交渉をしてみたりと旅行の楽しみが何倍も膨らみます。

  • 友達が増えます
  • 旅行先や日本に来ている中国人、さらにインターネットやスカイプなどのツールを通して世界中の人と友達になれます。
    国際結婚する方も増えていますので、もしかしたら中国語を通して出会いもあるかもしれません。

  • コミュニケーション力がつきます
  • 中国語でコミュニケーションがとれるようになれば、母語である日本語でも、もっと自信をもって他の人とコミュニケーションをとれるようになります。

  • 視野・考え方が広くなります
  • 中国語を学ぶことで今までと違った価値観や文化に触れることになります。
    そのため、さまざまな物事に対しての視野が広がり、これまで世界観を変えることができます。
    その新しい価値観はきっとあなたの人生を豊かなものにするはずです。


あなたも中国語の勉強を、今から始めてみませんか。
きっとあなたの世界や可能性がもっと広がります。
漢語学習班の日本人講師がスカイプであなたの中国語レッスンをお手伝いします。


まずはお試しください無料スカイプ体験レッスン