夫婦で家を買うために離婚!?

 第481回メルマガ配信分(2) 

中国雑学

中国人にとってはマイホームは
人生に絶対に必要なアイテムです。

そんな中国の不動産事情についてのニュースです。


まだまだ不動産人気は続いている

北京などの大都市では住宅価格が高騰して
普通の人では手に入れられないほどになっています。

ある調査によるとそれら都市の平均的な収入の人が、
住宅を手に入れるためには
30年かかるとも40年かかるともいわれています。

飲まず食わずで収入のすべてを
住宅のために費やしても
3,40年かかるという事です。

そこまで極端な状態になっているのは
北京や上海など一部の地区ですが、
それでも全体的に不動産価格は
普通の家庭の収入からすると
極めて高い買い物になっています。


中国の不動産はバブルだと言われて久しいですが、
それでも不動産は投資先として人気があります。

資産のある人にとっては
ぜひとも都市の不動産を持っておきたいと考えています。


新居を購入するために離婚する

加熱する住宅バブルをコントロールするため、
一世帯住宅購入は1件までなどという
制限がかけられている地域もあります。

結婚して夫婦でいると
新規物件を購入する妨げになります。

そのため離婚して新しい物件を買う
という夫婦が出てきています。

書類上離婚しても引き続き一緒に住むので、
どちらでもいいと考えているようです。


そんな裏技をする人たちの中には
書類上の離婚をして新しい家を買うはずだったのに、
夫には愛人がいて本当に別れざるを得なくなった
という裏切られる事例も現れています。


偽装結婚して家を買う

書類上の離婚を選ぶ人は時々いるのですが、
さらに偽装結婚する夫婦まで現れました。


上海では上海に戸籍を持っていなければ
住宅を購入できないという制限があり、
そのためある夫婦は偽装離婚をして
上海に戸籍のある人と偽装結婚しました。

問題がさらにややこしくなったのは、
その偽装離婚&結婚した夫婦の買った家を
「自分が買ったと主張する男」が現れたからです。

現在もまだ事の決着はついていないようです。


偽装結婚で住宅ローン獲得?!不動産バブルをめぐり政府と庶民の知恵比べ
http://www.recordchina.co.jp/a154357.html

貪欲は身を滅ぼしますね。



おもしろくて勉強になる中国語メルマガが週2回届きます

  • 漢語学習班メルマガの登録
姓 名  
メールアドレス *

*は必須入力です

無料でスカイプ中国語レッスンを体験できます

漢語学習班が選ばれる理由とレッスン特徴