高い教材はいい教材?

タダでは中国語は身につかない?!

第170回メルマガ配信分(2) 

漢学流中文勉強法

言語の習得には時間と根気も必要です。

そしてお金もかかります。

タダで勉強できるならそのほうがいい、とだれでも思うはずです。

もちろん無駄な出費は控える必要がありますが、
全くタダでは身につくものも身に付きません。


タダのものにはそれだけの価値しかない、と無意識が認識する

あなたはNHKのラジオ中国語講座を聞いたことはありますか?

もしかしたら、現在も定期的に聞いているかもしれません。


NHKのラジオ講座は、
著名な先生が監修してよく考えられた教材と
中国語を教えるプロ中のプロの立派な先生がやっています。

ですからラジオ中国語講座は、
ほんとうにハイクオリティな学習教材です。

そしてなんといっても、
ラジオさえあれば誰でもタダで受講できます。

最近はネットでバックナンバーも聞くことができます、
ご存知でしたか?
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/chinese/


語学を勉強するには理想的な教材に見えます。

しかしながら、ラジオ中国語講座だけで
中国語が話せるようになる人はほとんどいないでしょう。

それは教材が悪いからではなく、
無料であるがゆえに、わたしたち学習者の側の必死さが
どうしても出ないからです。


では、学習の必死さとは何でしょうか?


罰ゲームがあるほうが燃える?

ダイエットや筋トレが続かない人のためのアドバイスのひとつに
できなかったら罰として○○円を支払うというルールを決める
というものがあります。

目標を達成できなかったら、
痛みを味わうというものです。

そんなルールを定めれば、
損をしたくないので
ダイエットや筋トレが続くようになるのです。


人間は行動するとき、「得すること」よりも、
損しないことの方が強力な動機付け】になります。

簡単に言うと
「損したくない」
という気持ちが、人のやる気をかき立てます。


無料の教材やプログラムでは、
どうしても「どうせ無料だから」という意識が働いてしまいます。

もしも1年間のラジオ講座が50万円もする、
高額プログラムだったらいかがでしょうか?

忙しいときも
「めんどくさいから、まぁいいか…」とはならないでしょう。

何とか元を取ろうと、一生懸命聞くのではないでしょうか。


「これだけつぎ込んだんだから、ダメだったらヤバい」と
ある程度自分を追い込むことで、
学習に対する必死さを出すことができるのです。


無料教材の活用方法

だから教材は高ければ高い方がよい、
と言うつもりはまったくありません。

しかし、痛くもかゆくもない金額では、
あまり本気になれないかもしれません。

「頑張れば払えるけど小さな金額ではない額」の方が
うまくいく可能性は高まります。


ですから、使う有料の学習方法は、
漢語学習班のレッスンでお願いします(笑)

といいたいところですが、
あなたが「この方法なら本気で勉強できる」というものであれば、
どんな教材でもどこの中国語教室でもかまいません。


犠牲を払った上で、
ラジオ講座などの無料の教材も利用すると効果的です。

今やっている教材やレッスンでは不足している部分などを、
補足的に取り入れていきます。

良い有料教材やスクールでも、
それだけではマンネリになって飽きてしまうので、
よい気分転換になります。

そのときは無料の教材の「まあ無料だし」という気楽さが
よい方に働きます。


まとめ

  • タダのものでうまくいかないのは、あなたのせいではなく人間の性向
  • 得するよりも、損しないの方が強い力になる
  • 高額である必要はないが、低額過ぎても効果は薄い


↓ 気に入っていただけたら、クリックしていただければ幸いです ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


おもしろくて勉強になる中国語メルマガが週2回届きます

  • 漢語学習班メルマガの登録
姓 名  
メールアドレス *

*は必須入力です

無料でスカイプ中国語レッスンを体験できます

漢語学習班が選ばれる理由とレッスン特徴