やっぱり目標は立てた方がいい

中国語初級から中級者のための
スカイプ中国語オンライン教室の漢語学習班メルマガ 第138号

メルマガ筆者

こんにちは、漢語学習班の橋本です。

わたしの嫁は自称、目標の立てられない人です。

「目標を立ててもできなくてガッカリするから立てない」
というのが彼女の言い分ですが、
ある実験結果から結論付けると、やはり目標を立てることは
大いに意味があることだと言えます。


  今日のメルマガ内容

■ 5パターンで覚える単語 「怕」

■ 漢学流中文勉強法 「目標を立てよう」


おもしろくて勉強になる中国語メルマガが週2回届きます

  •   漢語学習班メルマガの登録
姓 名  
メールアドレス *

*は必須入力です

1238人以上の読者が漢学メルマガを楽しみにいます。読者限定でリスニングテストを公開中。そのほかにも随時お得なお知らせを配信しています。
中国語の勉強に役立つメルマガを、あなたも今すぐ無料でご購読ください。

※ 簡体字・ピンイン含むフォントで配信しています。パソコンのメールアドレスでご登録ください。
# 2018/11月現在の人数 

バックナンバーサイトの変更のお知らせ

漢学メルマガ用のサイトが、下記ページに変わりました。今後、どんどん記事をアップしていきますのでぜひご覧ください。
 >漢学メルマガ_中国語初級から中級者向けの無料メールマガジン


■■ 5パターンで覚える単語「怕」

「怕 pà」の基本的な意味は「恐れる、怖がる」です。

場面によっては「心配する」や「苦手」などの
意味を指す場合もあります。


1. 老鼠猫。 lǎoshǔ pà māo
(鼠は猫が怖い
※ 怖い、恐れる、怖がる

2. 我给人麻烦。 wǒ pà gěi rén máfan
(人に迷惑をかけないか心配だ
※ 心配する、気になる

3. 我冷,不怕热。 wǒ pà lěng、bú pà rè
(わたしは寒いのは苦手だが、暑いのは平気だ
※ ~が苦手である、~に弱い

4. 今天恐怕会下雨。 jīntiān kǒngpà huì xiàyǔ
(今日はおそらく雨が降るだろう)
※ 恐怕…(悪い事を予想して)恐らく

5. 这婴儿怕人。 zhè yīngér pà rén
(この赤ちゃんは人見知りする
※ 怕人…人見知りする


「怕」のほかに「害怕 hàipà」や「可怕 kěpà」と
いう語も「怖がる、恐れる」という意味を表します。

それらの語は「心配する」や「~が苦手」という意味はありません。


■■ 漢学流中文勉強法「目標を立てよう」

あなたは中国語学習の目標は立てていますか?

「目標なんてあっても無くても一緒だよ」と思っていませんか?

やはり何かをやるからには目標を立てることは大切です。


■ 目標を立てることの意義

目標を立てることで、【どのように勉強するか】が明確になります。

例えば「▲月に中国語検定の●級を合格しよう」と
目標を立てるとします。

そうであれば、ただテレビ中国語講座やラジオ講座を
ボーッと見ているだけでは不十分でしょう。

リスニング対策や文法の勉強、
またテストの傾向を知るために
過去問を解くことも必要になるでしょう。

目標を立てることで、
必要な事と不必要な事がはっきりして、
効率的に勉強できます。


また目標を立てるメリットは【なぜ勉強するのか】も明確にします。

海外で生活することを目標にする人と
テストに合格することを目標にする人では、
勉強へのアプローチは変わります。

例えば海外で生活するには、
中国の文化や習慣を知ることも必要になります。

見知らぬ人とコミュニケーションを取ることや、
一人で出かけたりすることなど、
一見中国語に関係ないようなことも必要になります。

そうするとテストのために勉強するというのは、
大きな意味を持たなくなります。


目標を立てると「なぜ」「どのように」がはっきりします。


■ 目標は人に公開しよう

先日わたしがどこかで読んだことのあるおもしろい実験を、
あなたにシェアします。

ある研究者が学生を3つのグループに分けて、
どのグループが成績が向上したかを調べる実験をしました。


  •  グループA 目標を立てて、それを公開する
  •  グループB 目標は立てるけど、それを公開しない
  •  グループC 目標は立てない


この3つのグループが試験を受けました。

あなたはどのグループが一番良い点を取ったと思いますか?

そうです「A」の目標を立てて公開したグループの成績が
一番向上しました。


興味深い事にグループ「B」と「C」では、
成績の差がありませんでした。

つまり、
【目標を立てても公開しなければ、
目標を立てていないのと変わらない】ということです。


ということは、受験生が紙に「必勝」と目標を書き出して、
机の前に貼っておくという昔ながらの方法は、
ある意味科学的にも効果のあることと言えるでしょう。

あなたも心の中にしまっている目標があるなら、
とりあえず他の人に公開しましょう。


■ 目標をさぼりそうになったら

そうは言っても、人間はラクな方へ流されやすいものです。

目標をさぼりそうになることもあると思います。


目標をさぼりそうになったら、
自分にペナルティを課して気を引き締めましょう。

毎日または毎週の目標ができなかったらトイレ掃除するとか、
晩酌は抜きにするとか。

ペナルティを受けて「クソッ」という気持ちを味わうと、
それを避けようと行動する力が湧いてきます。

人間はメリットを求めようとする力よりも、
デメリットを避けようとする力の方が2倍強いらしいです。
(どうやって計ったのかは不明ですが(笑))


目標を立てて、それを実行してゆけば、
必ずあなたも中国語が話せるようになります。


 今、中国語を勉強するメリット

  • ビジネスで役立ちます
  • 日本に観光などで来る中国人にビジネスする機会があるかもしれません。
    取引や出張で中国へ行く方も増えています。
    海外に行くか行かないかに関わらず、中国語と接する機会はたくさんあります。

  • 旅行の楽しみが増えます
  • 中国語が話せれば、現地の生活をもっと肌で感じることができます。
    ローカルな料理を食べてみたり、値段交渉をしてみたりと旅行の楽しみが何倍も膨らみます。

  • 友達が増えます
  • 旅行先や日本に来ている中国人、さらにインターネットやスカイプなどのツールを通して世界中の人と友達になれます。
    国際結婚する方も増えていますので、もしかしたら中国語を通して出会いもあるかもしれません。

  • コミュニケーション力がつきます
  • 中国語でコミュニケーションがとれるようになれば、母語である日本語でも、もっと自信をもって他の人とコミュニケーションをとれるようになります。

  • 視野・考え方が広くなります
  • 中国語を学ぶことで今までと違った価値観や文化に触れることになります。
    そのため、さまざまな物事に対しての視野が広がり、これまで世界観を変えることができます。
    その新しい価値観はきっとあなたの人生を豊かなものにするはずです。


あなたも中国語の勉強を、今から始めてみませんか。
きっとあなたの世界や可能性がもっと広がります。
漢語学習班の日本人講師がスカイプであなたの中国語レッスンをお手伝いします。